번역  

“ヨナの‘夢の舞台’が気になる”…外信達、熱を帯びた取材
[2010年7月22日21時43分 SBS = イ・ソンフン 記者]



明日(23日)から3日間アイスショーを広げるキム・ヨナ選手が今日、公開リハーサルを行いました。

 

数多い国内外の取材陣が集まって、フィギュア女王に対する相変わらずの高い関心を見せました。

 

バンクーバー五輪が終わってから四ヶ月が経っていますが、キム・ヨナの一挙手一投足は相変わらず国際的な関心事です。

 

アイスショーの公開リハーサルで、テレビ朝日、TBSなど日本の4つの主要放送局を含め、国内外100余名の取材陣が集まりました。

 

キム・ヨナはミシェル・クワンを初めとした出演陣全体と共に1時間の間オープニングとフィナーレ公演を調律しました。

 

[キム・ヨナ: 準備をしながら期待感もますます増えたし、また今回選手たちと一緒にして見て、前よりもっと感動を与える公演になるだろうと思いました。]

 

2007年以後、韓国で開催されたアイスショーだけ参加してきたクワンは、デュエットステージに立つキム・ヨナに対して実の姉妹のような愛情を見せました。

 

[ミシェル・クワン:オリンピックでヨナが間違いなく滑ることを切に祈りました。成し遂げた時は目頭が熱くなりました。]

 

キム・ヨナは今回のアイスショーで、破格的な振り付けで関心を集めている新しいエキシビションプログラム“ブレットプルーフ”を2部の最後に披露します。


原文 - http://mplay.sbs.co.kr/news/newsVideoPlayer.jsp?news_id=N1000773434&fname=nw0125c289534
翻訳 ⓒ 구승냥/FEVERSKATING




NOTICE             
                                                                                                                                                                                                                     
Feverskating.comの‘Fevers Media′の掲示物は自由に移動できます。
ただし、‘Fevers Media′の掲示物を移動するとき、下記の規則を厳格に遵守しなければいけません。

1. 必ず‘Feverskating′という出所を明かすこと
2. 修正および再編集禁止
3. 商業的な使用禁止

<Contact us : feverskating@feverskating.com>