번역  

 

キム・ヨナ“望みの演技を気楽にするのが目標”
マネジメント社を通じ、新プログラムについて説明
聯合ニュース 2011-01-04 19:21 


 
PYH2010113000600001301_P2.jpg 

 

(ソウル=聯合ニュース) キム・ヨンヒョン記者 = 3月の世界選手権を準備している‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(20、高麗大)が、“これからは自分が望む演技を気楽にするのが最大の目標。それが私に力を吹き込む原動力になっている”と話した。

キム・ヨナは4日、マネジメント社のオールザッツスポーツを通じ、“これまでは結果について考えすぎたため、演技に負担や心配が多かった”と“これからはもうちょっと気楽に観衆と呼吸を合わせながら演技したい”と伝えた。

今シーズンのグランプリシリーズなどに出場せずに日本で開催される世界選手権を目指してトレーニングしているキム・ヨナは、振付師デイビッド・ウィルソンとの作業でショートプログラム‘ジゼル’とフリープログラム‘Homage to Korea’を完成した。

去年10月から米ロサンゼルスのイーストウエストアイスパレスでピーター・オペガードコーチと連日全力を尽くしている

キム・ヨナはショートプログラムについて、“自分がジゼルになって色々な感情が交ざった演技をする”と“強烈で愛しいながら悲しい色んな姿を見せることができるよう、最大限感情を入れ込もうとしている。”と説明した。

フリープログラムに対しては“私がこれまで一度も挑戦したことのない韓国的な音楽で、いっそう韓国的なところを見せたい”と語った。

また、“このプログラムはこれまで自分を応援し声援を送ってくれたことに対する恩返しでもある。その気持ちを演技で表現しようと努力している”と付け加えた。



原文 : 聯合ニュース (韓国語) http://news.nate.com/view/20110104n21872
翻訳 ⓒ 구승냥 / FEVERSKATING



NOTICE                                                                                                                                                                                                                                  
Feverskating.comの‘Fevers Media′の掲示物は自由に移動できます。
ただし、‘Fevers Media′の掲示物を移動するとき、下記の規則を厳格に遵守しなければいけません。

1. 必ず‘Feverskating′という出所を明かすこと
2. 修正および再編集禁止
3. 商業的な使用禁止

<Contact us : feverskating@feverskating.com>